Wedding Photo

結婚式の前撮りは絶対オススメ

私は主人と結婚した際、まだ結婚式を挙げる予定はすぐには無く、でも取り合えず、結婚したのだから、その証に写真を撮りたいね、という話し合いをしていました。
私の実の姉が、市内では有名な式場で働いていたこともあり、その事を相談すると、上司に声をかけてくれ、結婚式をいくら先でもいいから、挙げることを前提に、結婚式の日にちだけ予約という形で決めてくれれば、式場で前撮りという形で、好きなウェディングドレスを着て写真撮影できるよ、という提案をしてくれました。そこで私たちは1年後に挙式の日にちを予約し、前撮りは数ヶ月後に行うことになりました。
前撮りと式当日のウェディングドレスやカクテルドレスは同じでも、違うのでも大丈夫ということだったのですが、私は同じものを選び、ただ、髪型やメイクは替えてもらいました。それだけで、雰囲気もがらっと変わるので。前撮り当日、主人もタキシードを着て、私もウェディングドレスを着て、教会の中で写真をたくさん撮ってもらい、改めて結婚したんだなと思いました。
結婚式式当日は、本当にあっという間に終わっしまったという感じだったので、やはり事前に前撮りをして、好きなシチュエーションでたくさん写真を撮ってもらっていて、本当に良かったと思いました。前撮りはオススメします。

思い出が蘇る結婚式の写真

結婚式の写真をとるのであれば、ぜひ前撮りすることをおすすめします。当日は、ゲストもたくさんきて、とても忙しくゆっくりする余裕がないからです。
私は、結婚式当日のお色直しは、白いドレスからカラードレスの一回だけにしました。お色直しで席をはずしている時間は結構長いし、その間はゲストを待たせているかたちになります。久しぶりに会ったゲストや遠くからわざわざ来て下さったゲスト、年配の方や小さな子もいるので、なるべくゲストと一緒にいる時間を増やしたかったからです。
しかし、せっかくなので、和装も着てみたいという願望もありました。そこで、結婚情報誌などから和装を撮影してくれるスタジオを探し、1日かけて和装の前撮りをしました。その際に、遠方から私の両親も招待して、写真だけではなく、実際に和装を着ている姿をみてもらいました。お着物も白無垢と色打掛を着ました。頭も昔ながらに作ってもらいました。披露宴での和装は叶いませんでしたが、こうして前撮りしたおかげで、両親にもゆっくり見てもらえたし、主人の和服姿も見れたし、何より写真として残っているので、10年たった今でも写真を見ると当時のことを思い浮かべられるので、本当にやって良かったと思いました。
結婚式当日の披露宴の事は、時間がたてば遠い記憶になってしまいますが、写真に残しておくと一瞬でよみがえるので、少々値段がかかっても結婚写真をプロにとってもらう事をおすすめします。

幸福な結婚式の写真を撮ろう

これまでフォトウエディングを行っていたカップルは、結婚式の予定はないけど写真は残したいという方がいて、現在では様々な種類の衣装も用意され、最高の衣装で二人のウエディングの写真を残せるというふうになってきています。また、その衣装に応じた髪型をリクエストし、セットしてくれるお店も増えてきています。
そもそも前取りとは何でしょうか、結婚式の前日が準備で忙しかったり、当日も時間の制限や披露宴などで忙しくて写真が撮れないという方におすすめなのが前撮りです。スタジオでの撮影はもちろんロケ地を設定しその場で撮影することも可能なところが多くなっています。前取りによって時間に余裕がある時に様々なシチュエーションで夫婦揃っての幸せな写真を撮ることができ、現在人気があります。また、結婚式後に改めてふたりで写真を残したいという方に、後撮りというものもあるところがあります。
結婚式とは、長い人生でもそう経験できるものではありません。夫婦ふたりのとびっきり幸福な時間を過ごすためにもフォトウエディングを行うのもいいかもしれません。前撮りや、フォトウエディングができるところは今では全国各地にあり、遠出しなくても地元で行えるようになってきていて今後のさらなる人気が期待できます。

結婚写真を撮る意味

結婚をすると結婚式を挙げる人がいる一方で、挙げない人もいます。結婚式を挙げる人は必ずと言っていいほど結婚写真を撮ることになります。結婚式を挙げない人はわざわざ結婚写真を撮らないことが多いです。 しかし結婚写真は可能であるなら撮って残しておいたほうが良いでしょう。結婚写真を撮る意味は、まず自分たちが結婚したことの客観的事実になるからです。挙式をすることで親族や友人を招いて、自分たちの結婚を認めてもらい祝福してもらえます。挙式をしていなくても結婚写真を撮ることで、誰かに見せる見せないは別として客観的にも結婚したことを残せるのです。 また一生に一度の晴れ舞台の瞬間となるという意味でも、結婚写真は貴重です。自分たちが幸せな瞬間を残しておくことは人生の一ページになりえるのです。また、自分の子供や孫にも見せることができるのも意味があります。自分に子供が出来て、同じように結婚するような年齢になったら、親の結婚はどういうものだったのか気になるはずです。その際に見せられると良いでしょう。 結婚写真は瞬間を切り取ったものですが、そこからその当時のことも思い出せる、とても奥行きのあるものなのです。写真館で撮ると料金は高いですが、とてもきれいなものを残せます。


綺麗な結婚の写真を撮りたくないですか?
そんなあなたに→結婚写真は東京のファンウェディングに任せましょう!ここでしか撮影できないコースなどがあります!前撮りのロケーションの場所の良さなど、お任せしてしっかりと相談にも乗ってくれるので、安心なのです!東京で結婚写真で悩んでいる方は必見の情報です!

Copyright © 2016 好きなシチュエーションでたくさん結婚式の写真を撮ってもらおう All Rights Reserved.